HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶

死亡広告その他

新聞の死亡広告欄


沖縄県内の各家庭ではふつう「琉球新報」か「沖縄タイムス」のどちらかを購読していますが、両紙とも朝刊をひろげると何とも不思議なページが目に飛びこんできます。それは「死亡広告欄」。

1年間を通じて必ず毎日掲載されています。って言うか、沖縄県内だけで、よくもこれだけの人数が毎日々々死ぬものだ、と不謹慎ながら、へんなふうに感心してしまうのです。多い日には、1面だけでは収まらず2面にわたって掲載されています。

内地の人の目には、この黒枠で囲まれた死亡広告欄は異様に映るようで、気持ち悪がる人も多いようですが、沖縄の大部分の人は、毎朝このページをチェックする事から1日が始まるのです。

ちなみに、新聞社がなんで他人の死んだ事を知る事ができるのかと言うと、火葬場からの情報だそうで、葬儀屋が出入りすると同時にどこからともなく新聞広告の担当が現れるのです。

しかしこの死亡広告は、沖縄の社会にとって非常に大切な側面があります。

沖縄の社会は、いわゆる「横型社会」でして地縁・血縁と言うものを、内地から見ると異常なまでに大切にするのです。結果、わずかな縁であっても告別式には必ず参列する必要があり、又そうすることが人間関係の大切な潤滑油として機能しているわけです。

観光で来沖されたら、ぜひこの死亡広告欄もご覧になって、沖縄の地縁・血縁と言うものに触れてみてはいかがでしょうか。



このコーナーTOPページに戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPに戻る