HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶
日常生活

  沖縄の入浴法

沖縄の家庭では湯船につからない入浴法が一般的だ

沖縄県内における賃貸アパートの浴室事情から説明しよう。比較的家賃が高くなる3LDK位の間取り以上になると湯船が付いているのだが、それ以下で比較的家賃が安いアパートの浴室には、シャワーだけが付いていて、湯船が無いのが一般的だ。

また一戸建ての家に住んでいて浴室に湯船が完備している環境にあっても湯船を使わない人が多い。シャワーで済ませているのだ。

つまり沖縄の人には、ゆったりと湯船につかって疲れを癒やすという習慣がないような気がする。

昔はたくさんあったという銭湯も、今では、ほとんど見つける事が困難だし、サウナも極端に数が少なく、ほとんど見かける事が無い。どう考えても内地に根付いているような風呂文化が感じられないのである。寒冷地の家庭では湯船につかって身体を芯から温めている風情は想像しただけでも絵になるが、亜熱帯気候の沖縄ではどうにも絵にならない。確かにシャワーでバシャバシャやる方がより沖縄的なイメージがある。

ではなぜ湯船を使う習慣が無いのだろうか?
以下、理由の私見である。

もともと湯船につかるという習慣が沖縄には無かったらしいが、理由のひとつに気候的な要素があげられるだろう。冬季でも最低気温が12度になったら新聞の社会面でトップ記事になるほど暖かいのである。ゆっくり浸かって汗を流すなど、むしろ苦痛の領域だ。理由のふたつめには、内地に点在する「温泉」がない為に「湯治」のような湯船につかる事と癒やし、健康という事とを結びつける発想ができなかったのではないだろうか。結果、汗を流す「道具」としてのシャワーを実務的に選択する理由も容易に想像できるのである。

私が現在住んでいるマンションの浴室には、さいわい湯船が付いているのだが、現在は入浴用品やシャンプーなどの収容ケースとなっている。群馬に居る頃は夜のリラックスタイムとしての入浴がどれほど楽しみだったかしれないのに。・・・・・いつからか、湯船につかる気が全然起こらなくなってしまった。これもいわゆる沖縄病のひとつかもしれない。

沖縄病のナイチャー(出身地:群馬県)




このコーナーTOPページへ戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPへ戻る