HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶

沖縄の牛乳パックは特別だ日常生活

沖縄の牛乳パックは「946ml」


沖縄県内のどのスーパーをみても、店頭に並んでいる牛乳パックの表示は「946ml」の表示です。大手の明治や森永から県内の地場メーカーに至るまで、ほとんど「946ml」の量なんです。世間知らずの私は、全国共通の規格だとばかり思っていました。でもこれって、沖縄だけで、本土の牛乳パックは1リットルなんですってね。・・・・・あ゛ぃ〜ッ。知らなかった。

なんでこの中途半端な量で統一されているのか。これは、昔の琉球政府時代の名残りなんです。もともとアメリカで使われている「ガロン」という単位を「リットル」に直したもので、沖縄がアメリカの統治下にあった時代から今まで続いているというわけです。

米1ガロンは3.784リットル、半分の量がハーフガロン、四分の一の946mlはクオーターガロンと呼ばれています。さらに八分の一はパイントで473ml。一見中途半端に見える946mlとは、れっきとした米ガロンの単位だったのです。

本土からも1リットル入り紙パック飲料や牛乳が入ってくる時代に、いまだにアメリカの時代から始まったガロンの単位が受け入れられている。というよりも、ほとんどの牛乳パックがこの単位のままで違和感なく流通、消費されている。ってところが、・・・・・ん〜ッ。沖縄って、いかにもスゴイッ。



このコーナーTOPページへ戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPへ戻る