HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶
文化・習慣
  ウチナータイム

言い訳に重宝する!沖縄独特の時間感覚・・・


沖縄の人は内地の人に比べて時間にルーズだ。
個人的にはけっしてそう思いたくないのであるが自分のまわりの様子を冷静に観察してみると、やはりルーズのような気がする。

時間にルーズなウチナーンチュ独特の時間感覚を「ウチナータイム」という。

しかし近年では、なにもかもが内地風になってきて、当然のことながらビジネスのアポイントは時間厳守であるし、映画の上映時間や船舶、モノレールのダイヤも正確だ。

では、いかなる場面でウチナータイムが適用されるのか。

交通機関ではバスである。
定刻通り運行することはまれで5分や10分の遅れは当たり前。20分以上待たされる事もある。そればかりか、逆に定刻より5〜6分早く行ってしまうこともあるから厄介だ。来るはずもないバスをひたすら待っている姿は実に侘びしい限りである。

しかし時間調整をやらないバスに対して文句を言っている利用客を、私は見たことが無い。沖縄の人は、バスは定刻通りに運行しないものと思っているから、遅く来たり早く行ったりしても腹がたたないし、この程度でいちいち怒っていては沖縄で生きていくことができないからだ。この時間感覚をウチナータイムという。

ウチナータイムが重宝する場面もある。

沖縄では、飲み会や模合、友人との待ち合わせなどの集合時間についてはずいぶんいい加減で、例えば8時集合と約束して居酒屋に行くと誰も居ない。2〜30分してからボツボツ集まり始めて、1時間後くらいでやっと全員集合となる。

面白いことに遅れてくる人が謝ることはない。「いや〜っ!今夜も暑いねー。」で終わりだ。早く来ていた人が遅刻を責めることもない。責めることはむしろルール違反になる、というバランス感覚が作用しているからだ。この時間感覚もウチナータイムである。

こうしてみると、ウチナータイムという沖縄独特の時間感覚はウチナーンチュにおける人間関係の潤滑剤として実にうまく機能しているのかもしれない。




このコーナーTOPページへ戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPへ戻る