HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶
もあい文化・習慣

模合

沖縄独特の金銭的相互扶助システム=「もあい」と読みます

広辞苑で調べたら載っていませんでした。ということは、「模合」と言う言葉は沖縄でしか通用しない単語だという事でしょうか???。

しかし沖縄では、例えば銀行に提出する書類なんかにも「模合」の金額を記入する項目がありますし、文具屋さんに行くと、ちゃんと「模合帳」も売っていて、ひとつの公認された制度といえます。

この模合とは、グループで毎回いくらか一定のお金を出し合い、メンバーがそのお金を一人ずつ順番に受け取っていく、というシステム。いわゆる民間金融で、そのお金は仕事の運転資金や家の補修、子供の進学などまとまったお金が必要な時に使われています。

いかにも横のつながりが強い沖縄ならではの風習で、昔から受け継がれている助け合いの精神=ユイマール精神の典型と言えるでしょう。

この模合も若い年代のグループでは、仲の良い友達が定期的に集まって飲んで騒ぐ「コンパ」的色合いが強くなっています。


このコーナーTOPページに戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPに戻る