HOME
よくあるご質問
ご利用案内
沖縄料理レシピ
沖縄情報室
沖縄の菓子
紅芋タルト
紅芋菓子
ちんすこう
塩ちんすこう
ちんすこうショコラ
黒糖
沖縄限定菓子
沖縄伝統菓子
焼き菓子
煎餅・おかき
プリン・ゼリー
チョコレート
飴・ガム・キャンディー
その他 お菓子
沖縄の食材・加工食品
肉料理(てびち・あぐー豚など)
海産物(海ぶどう・あーさなど)
沖縄そば・ラーメン
豆腐よう・ジーマーミ豆腐
ボンカレー・タコライス
ご飯のおかず(油みそ・ふりかけ等)

珍味(スクガラス・ジャーキー等)
缶詰(スパム等)
製菓材料
その他 食品 野菜など
沖縄の調味料
醤油

とうがらし(コーレーグースなど)
その他 調味料
沖縄のドリンク・お茶
シークヮーサー
さんぴん茶
その他 ドリンク
沖縄の健康食品・軟膏
春ウコン
秋ウコン
紫ウコン
その他 ウコン
ハブ

イラブ
グァバ
健康茶

独自の戦後復興その他

沖縄経済の原形

沖縄における戦後経済の復興は独特です


戦後沖縄で使われていた通貨は「B円」と呼ばれるアメリカ軍の軍票です。アメリカ支配のもと、沖縄は内地とはまったく異なる特別なかたちで復興していくのです。

1951年アメリカは1ドル120B円のレートを固定します。この時代の日本円が1ドル360円だったことを考えるとB円はじつに3倍もの円高設定に固定されていたのです。

レートの固定以降、円高の恩恵をこうむった沖縄にはアメリカ製品を中心に欧米の輸入品があふれていました。産業が復興するより先に、安い外国製品が庶民生活のすみずみにまでいきわたるという現象が現れていくのです。

産業の整備がすすまない中、戦後の沖縄経済を支えたのはアメリカ軍基地でした。50年代の基地の拡張は兵器産業からサービス業、事務職にいたるまで基地の中のさまざまな産業を生み出します。基地には反対していても、沖縄の人々は基地の収入にたより輸入品で生活をするというゆがんだシステムの中で、内地とかけ離れた経済が作り上げられました。住民の生活は基地と深くかかわらざるを得なくなっていくのです。

1958年、B円が廃止され沖縄の通貨がドルにきりかえられると、輸入にたよる経済にますます拍車がかかるのですが、こうして、基地に依存し産業が育たないまま沖縄の戦後復興は続いていくのです。甲子園では沖縄尚学高校が悲願の優勝を果たし、2000年沖縄サミットも開催された現在の沖縄をごらんになる時、こういった歴史も頭にいれておくと、ちょっと違った沖縄が見えるかもしれません。



このコーナーTOPページへ戻ります
沖縄おもしろミニ情報TOPへ戻る